head_img_slim

information

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > スタッフ紹介のページ

スタッフ紹介

ひしぬま整体院からのごあいさつ

皆さん、こんにちは。ひしぬま整体院 院長 菱沼 修です。

profile

私はこのあいだまではサラリーマンでした。営業や内勤、物流センターの現場を預かる社員など、色々な仕事を経験してきました。

営業のころは精神的なストレスに、物流センターでは慢性的な疲労と肉体的なストレスに悩まされ、4~5年の間に体重が30キロも落ちるほどのハードワークを続けていました。

自分ではそれなりにやり甲斐を見出して頑張ってはいましたが、そこはサラリーマンの社会。”やって当たり前”という風潮の中では仕事のモチベーションを保つのが大変でした。”やって当たり前”の仕事ではなく、”やって喜ばれる”仕事をしたい。

book01

会社勤めを辞めて独立するのは不安も大きく、まさに”清水の舞台から飛び降りる”ような心持ちでしたが、船井幸雄氏の著書「人間塾」でも紹介されている「東洋カイロプラクティック専門学院」で施術技術を学びました。

実際に整体師として働いてみると本当に楽しいですね。「あれ、なんでこれで良くなるの?」ときょとんとするお客さん、「あ、ヤンキー座りができた!」といって感激するお客さん・・・。

そんな皆さんの笑顔を見るのが
今の私の人生のモチベーションになっています。

ひしぬま整体院
菱沼 修


経歴

icon_maru 自動車普通免許、第一種衛生管理者取得

icon_maru 少林寺拳法三段。大学生時代に少林寺拳法を学び、その時に初めて整体に出会う。

icon_maru 東洋カイロプラクティック専門学院卒業。東洋カイロプラクティック師協会会員。

icon_maru 中・高校生時代はサッカー部に所属。「お前は体が大きいから」という理由で高校時代はゴールキーパーにコンバートされる。大学時代は少林寺拳法部、会社に入ってからはラグビー部に5年間在籍。

見た目と経歴だけは体育会系です(笑)

shikaku01

【東洋カイロプラクティック師協会会員】


 

整体を始めたきっかけ

私がサラリーマンを辞め、整体師として独立したのは”やって当たり前”誰でもできる”仕事ではなく”やって人に喜ばれる仕事をしたい””自分ならではの仕事がしたい”と思ったのがきっかけでした。

staff01

そのためにはどんな仕事をしたらいいのか?私は学生時代少林寺拳法部に入っていたのですが、少林寺拳法の技術体系の一つに整体法があったのです。

当時は「菱沼、ちょっと整体やってくれ」と先輩から頼まれることが多く、普段辛口の先輩が「お前、整体うまいな」と褒めてくれていたのを思い出したのです。私は会社を辞め、整体の学校で技術を学んで卒業すると同時に開業しました。

しかし、実際に開業すると喜ばれることばかりではありませんでした。「あそこは痛いから二度と行かない」「良くなったのはわかったけどみんなこんなに痛いのを我慢してるんですか」お客さんのために良かれと思ってやっていた私にとってはショックでした。確かに来られたほとんどの方に”痛い”と言われてはいましたが、ここまで言われるとさすがに気落ちします。「自分のやっていることは正しいのか、選んだ技術を間違えたのか」自問自答の日々が続きました。しかし、一方では「先生の整体が好き」というお客さんもいるのです。

こう言ってくれるお客さんはあちこちの整体院を通った経験のある”整体ジプシー”のような人たちで、「他ではダメだったのにここへ来たら良くなった」という声をいただいています。

”気持ち良いだけの整体”を選ぶのか、”痛いけど良くなる整体”を続けるのか。私は後者を選びました。

人に何と思われてもいい、自分にできることを精一杯やろう。改めて覚悟を決意した瞬間でした。現在はクーポンなどの値引きもせず、「痛いのが苦手な方はご遠慮下さい」とうたっていますが、それでも月に10名を超えるご新規の方が訪れています。

本気で何とかしたい、というお客さんのために、今日も使命感を持って仕事に臨んでいます。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。


 

電話番号 046-849-1752

アクセス
メールボタン
お問い合わせボタン

ページトップに戻る